クリエイティブな毎日を“楽しむ”

カテゴリー

CATEGORY

Hello!

eBase Solutions Laboratory Seattle のユーヤより、近況をリポートします。

 
みなさん、シアトルはご存知ですか?

シアトルはアメリカ合衆国ワシントン州北西部キング郡にある、西海岸有数の都市です。

雨が多い都市としても有名で、人口は56万人、 その内白人73%、アフリカンアメリカン9%、アジアン13%、インディアン2% と、多様な人種が集まっています。

また、航空機で有名なボーイングや、シアトルコーヒー、IT企業関連、シリコンフォレストなど、シアトルには様々な業界の企業の拠点があり、経済も活発です。

 

さて、今年に入って、シアトルでは大きな事件がありました。
今回のリポートでは、この事件をとりあげたいと思います。

 

コロナウイルス

一つは全世界的に感染が拡大した、コロナウイルスの影響です。

2020年1月21日、アメリカ初の新型コロナウイルス感染者は、ここワシントン州シアトルで確認されました。

それから約2ヶ月後、アメリカ合衆国大統領ドナルドトランプが非常事態宣言を発令。
現在、ワシントン州内の感染者数は1000人を超え、死者は50人以上、ウイルス感染のピークは過ぎたと考えられていますが、手洗いなど感染予防に努める必要があり、予断を許さない状況です。

私は、シアトル郊外で生活していますが、コロナウイルスの余波を大いに感じています。

ワシントン州全ての飲食店は基本的に営業停止で、外出時のマスク着用が義務化されています。友人に「マスクをするのは抵抗があるのか?」と尋ねると、普段アメリカ人は滅多にマスクを着用しないので、違和感があると言っていました。

 

ジョージフロイドさん事件

もう一つは、黒人男性ジョージ・フロイドさんが、白人警察官に首を押さえつけられ、亡くなった事件です。

日本でもご存知の方が多いと思いますが、この事件を録画した動画がSNSなどで各地に拡散され波紋を呼び、フロイドさんの首を締めた元警察官デレク・ショービン容疑者は、第3級殺人の疑いで疑追されました。

この事件をきっかけに、アメリカ合衆国各地で、元警察官がとった行動に対し異議を唱えるデモ活動が始まりました。

最初のデモ活動は、事件が起こったミネソタ州で平和的に行われていました。
ところが、5月27日から28日にかけて、暴徒化した集団がミネソタの警察の建物に火を放つなどしたため、警察官が出動し負傷者も出るようになりました。

この事件の波紋はシアトルにも及び、事件が起こった翌日には、町中でデモ活動を見かけました。彼らは [black lives matter (ブラック・ライブズ・マター) ] を掲げて、黒人差別の撲滅を訴えました。

シアトル中心部のデモ活動では、銃の発砲や、暴徒化したデモ隊が様々な店から略奪行為をするなど、残念ながら平和的なデモ活動から遠くかけ離れた活動となってしまいました。

現在、シアトル郊外などでは、デモ活動は落ち着いていますが、シアトルダウンタウンでは、3週間にわたって町の中心部を占拠していたデモ隊を警察隊が排除、30人以上が逮捕されるという事態となりました。

いまもコロナウイルス、デモ活動の脅威は去ったとは言えませんが、ピーク時よりは落ち着きを取り戻していると言えます。
とはいえ、いつまた両方の脅威が再燃してもおかしくない状況です。住人は、危険を避けるよう求められています。

以上、シアトルのユーヤがお送りしました。

Reporting from Seattle.

 

米子の老舗 備中屋本店

鳥取県米子市にある備中屋本店様は、1950年(昭和25年)に創業されました。


畳・ふすま等の内装工事や、インテリアショップ、デイサービスなど、
様々な事業を展開されており、
2020年(令和2年)で創業70周年を迎えられます。
その記念として、70周年記念ロゴの作成をご依頼いただきました。

 

ラフ作成

い草(畳の原料)をモチーフにしてみたり、
畳職人の道具をモチーフにしてみたり、
和室をモチーフにしてみたり・・・
思い浮かぶだけのラフを作成していきます。
 
備中屋本店様の原点となっているものは何か。
それは、【畳】。
 
ラフの中から畳ベースのものを
ピックアップし、次の段階へ。。

 

サンプル作成

畳は「和」を象徴しています。
「和」は、日本の心であり、和やかであり、皆が仲良くなること。
「和」「和やか」「つながる」をコンセプトとし、
畳の網目モチーフの方でデザインを詰めていきました。

 

ブラッシュアップ

打ち合わせを重ね、バランスなどを調整します。

 

ロゴ完成

仕上げにロゴ全体を明るい色に変更し、出来上がり!
畳を通じて、これからも人々のくらし・人と人とのつながり
(お客様のおもてなしや家族の団らんなど)を、
大切に支えていく想いが込もっています。

最後に、記念すべき70周年ロゴの作成をご依頼いただいた
備中屋本店様に感謝申し上げます。

備中屋本店

鳥取県東伯郡琴浦町様の 「 移住定住サイト 」のウェブサイトをリニューアルしました。


今回のリニューアルにより、田舎でのんびりスローライフを目指している方に、「琴浦町に住んでみたい!」と思ってもらえるよう、町の魅力が伝わるコンテンツを
より盛り込んだウェブサイトへと生まれ変わりました。

琴浦町のあらゆる魅力を取材

近年若いファミリー層の地方への移住を希望する人が増えるなか、都会にない自然の豊かさや、社会環境の良さを伝え、実際の移住を考えている方にイメージしてもらいやすいよう、地元の方にご協力いただきながら動画や写真を撮影し、サイトを構成しました。



 

レスポンシブ対応

サイト全体をスマートフォンでも閲覧しやすいようにレスポンシブ対応としています。



 

「空き家ナビ」システムもリニューアル

また、今回のリニューアルにあたっては、「 空き家ナビ 」システムのリニューアルもおこないました。



一覧ページでは、登録された 空き家情報(売却 or 賃貸)を一覧表示します。空き家情報詳細ページでは、物件写真のスライド表示や、グーグルマップを利用した位置情報表示機能を実装し、空き家情報をわかりやすく表示するようにしています。

取材では、子どもたちの素直で明るい笑顔や、大山、美しい日本海の景色を写真におさめることができ、ウェブサイト全体を明るく演出することができました。取材に協力してくださったみなさんにお礼申しげます。

琴浦町 移住定住サイトはこちら

 

CMS :
Joruri
リニューアル公開日 :
2020/03/25

鳥取県東伯郡琴浦町様の 「 琴浦町役場 」のウェブサイトをリニューアルしました。



琴浦町様では、以前から行政向けサイトなどで活用されている Joruri というCMS( コンテンツマネジメントシステム )を使用し、ホームページを運用されています。今回もひきつづき Joruri 上でのリニューアルとなりました。

レイアウトを見直し、情報を整理

リニューアル前は、3カラムのレイアウトになっており、情報がやや煩雑になりがちであったため、2カラムレイアウトに変更し、右側はバナーエリア、左側はコンテンツエリアとし、スクロールしながら、ひとつひとつのコンテンツがひとまとまりのものとしてとらえやすいように変更しました。



Joruri はシステム上の制約があり、役場ウェブサイトについてはレスポンシブ対応ではなく、PC 画面とSP 画面は別々の画面となっていますが、PC とSP の画面の差異で利用者が戸惑わないよう、コンテンツの掲載順をそろえるなどの対応を行いました。



 

JoruriCMS の最新版

また、今回のリニューアルにさいしては、Joruriの最新版にアップデート対応しています。

琴浦町役場サイトはこちら

 

CMS :
Joruri
リニューアル公開日 :
2020/03/25

こんにちは。営業のエリカです!
今回は、鳥取大学医学部附属病院での血糖測定業務改善システムご提案までのプロセスについてご紹介したいと思います。

 

糖尿病患者は年々増加傾向
厳格な血糖コントロールが必要

糖尿病疾患を抱えた患者は年々増加傾向にあり、厚生労働省の「2017年患者調査」では、「糖尿病」の患者数は328万人超と報告されています。

患者は毎日決められたタイミングで血糖測定を行い、記録する必要があるのですが、特に入院中の糖尿病患者では、手術による合併症や感染症の悪化を防ぐために非常に厳格な血糖コントロールが必要となっています。

 

看護師さんが抱えていた
医療安全上の課題の数々

看護師は医師の指示に従って、毎日決められたタイミングで、担当している患者の血糖測定を行い、測定した血糖値を電子カルテに手入力しています。

しかし、
●誤って異なる数字を入力してしまった。
●別の患者さんのカルテを開いて入力してしまった。
●業務が立て込むとカルテへの入力が遅くなってしまう。
など、医療安全上の課題を抱えていました。

これらが発生するとインシデントとして、致命的な医療事故になり得ます。

 

そこで、測定値を専用アプリへ
自動転送するシステムをご提案

エリカ

測定値を電子カルテに手入力していることが原因でインシデントが起こっていることから、測定した値を血糖測定器から専用アプリに転送するシステムをご提案しました。

 

血糖測定器→電子カルテに自動で測定値を反映!

血糖測定後に、専用アプリを組み込んだスマートフォンを血糖測定器にかざすと、自動で血糖値が専用アプリに転送。
保存すると電子カルテにも血糖値が反映されるという流れになります。

血糖測定器本体は、測定した値を外部に転送する機能を持たないことから、血糖測定器に装着するデータ転送アダプターを開発しました。
データ転送の方法はNFCとしました。NFCとは「近距離無線通信規格」のひとつで、かざすだけで周辺機器と通信できる技術です。AndroidやiPhoneにも搭載されており、決済サービスで利用されています。
データ転送の方法としてBluetoothも検討しましたが、データ転送時に端末とペアリングする必要があり、手間と時間がかかることからNFCを採用しました。

また、女性の看護師が多いため、アダプターを小型化、軽量化するよう何度も試作を繰り返しました。

 

手入力いらずで時短&インシデント発生数大幅減を実現

導入先の医療機関様から下記のお声をいただいています。

・誤入力や入力遅れが少なくなり、インシデント発生率も大幅に減りました。
・手入力する時間が省け、業務が早くなりました。
・電子カルテへの入力、反映まで、従来は平均65秒かかっていましたが、システム導入後は20秒と大幅に短縮され、業務の効率化が実現しました。
・血糖値がすぐに電子カルテに反映されるので、指示を早く出せるようになりました。
・術後など、血糖が不安定な時にすぐ対応ができるようになりました。

業務の効率化に加え、医療現場の働きやすい環境づくりにも寄与できる製品を今後も提案していきたいです。

こんにちは。Lab SE 渡邉 です。
大変ありがたいことに、ITによる業務改善についての御依頼を多くいただいております。

 

業務改善を強力に後押しするITツールとは?

業務改善とは?
販売や生産、経理や総務といった個々の業務を効率化することを指します。
ある一定の業務のみを改善活動の対象とするため、手軽に実施できるものですが、その導入効果は決して小さくはありません。業務を細部にまで見直してみると、現場担当者が気付きにくい無駄は意外と多く、改善活動により劇的に業務効率が向上することもあります。
こうした改善活動を後押ししてくれるのがITツールです。近年では業務課題に応じたさまざまなITツールが登場しており、業務改善を強力に後押ししています。

しかしながら、業務改善と言っても「効率化したいけどなにを相談したらいいのかわからない」「本当に効果があるの?」という思いを抱えている企業も多いのではないでしょうか?

実際に「どのようなシステム」で「どういった課題」が解決されたのか、eBase Solutions Laboratory が構築した業務改善システムについてご紹介していこうと思います。

業種、職種によって業務のどこをシステム化するのか等、変わってきますので、参考程度に目を通していただけると嬉しいです。

 

リアルタイムで生産把握ができずに困っていた製造業の現場

弊社が業務改善システムを御提案させていただいた、株式会社タカアキ様。

株式会社 タカアキ
一流ブランドのOEMバッグの裁断・縫製・加工・仕上・出荷をトータルで提供を行っている会社。

現在、製造業現場では
・生産計画を担当者ごとのエクセルでの管理
・生産計画がずれると作り直しになる
・欠品を恐れて、在庫が大量に余る
・クレーム対応で生産計画が大きく狂う
・倉庫の在庫数がいつも合わない
・生産現場の状況が、管理者に伝わらない
・部品の調達が間に合わない
などの多くの悩みを持つ工場が数多くあります。

具体的には
・実稼働時間の管理が作業後のレポートであるため、実作業時間と見積時間の差分が発生する。
・製作物の数え間違いが発生する。
・作業レポート提出後にレポートデータを入力するため、膨大な労力がかかる。
・手入力のため、タイプミスなどが発生する。
です。
また、タイムリーに生産状況が把握できず困っているとのことでした。

手入力のため転記ミスなどが多く、リアルタイムに人の動き、製造現場の状況が把握できるシステムを構築できないかと相談をいただきました。

 

まずは現地調査にお伺いし、課題を「見える化」

ご相談を受けまずは現場調査にお伺いし、課題の「見える化」を実施しました。
○その製品の製造には誰が関わったのかが分からない。
○品質が良く、早く製造できる人とそうでない人を見分けることができない。(※人事評価ができない)
○スケジュールより早く終わり、時間を持て余している人がいる。
○製造物を手で数えるので数え間違いが多発している。

SE 渡邉

これらの課題に対して、製造状況や作業進捗を従業員毎に把握するため、 自動顔認証と電子タグによる本人認証システムを提案致しました。

 

iPodとカードリーダーでカンタン稼働管理を実現

悩みのひとつである実稼働時間の管理を自動化するため、在席時間の確認には、IPodとカードリーダーを使用します。

[ IPod ]
内臓カメラを使用した顔認証や管理者からのメッセージ、作業タスクの確認を行います。

[ カードリーダー ]
ICカードリーダーによる本人認証を行います。

●ログイン前
席を離れているときは、本人認証、在席が確認されません。

●本人認証
個人カード(NFC)をかざして、本人認証を行います。

●在席確認(ログイン)
顔認証を行い、在席確認後、ログインします。

ログイン後はメッセージや作業タスクの表示等も行います。

 

また、ログインしている作業者の作業進捗を記録します。
製作物はセンサーで管理し、自動で集約することで数え間違い、入力間違いをなくし、生産予定、進捗情報をシステム上で一元的に管理します。

 

IoT生産管理システムを実現、生産状況をリアルタイムで一元把握が可能に!

製造品のカウントセンサーを導入することにより、数える時間、数え間違いがなくなり、作業レポートデータの入力時間もなくなりました。
また、IoTによる生産管理システムを導入することで、リアルタイムの生産状況を一目で把握することが可能となりました。

[ 効果 ]
■情報の一元化、リアルタイムな情報収集と情報の共有が可能。
■作業負荷の見える化と平準化・業務、作業の効率化と標準化。
■生産工程における日程、予算、手配などの計画や管理を効率化。
■製品情報、生産計画、作業実績、各種履歴など情報を統合的管理・見える化。

業務の効率化に加え、製造現場の働きやすい環境づくりにも寄与できるシステムを今後も提案・開発していきたいです。

2020年2月1日(土)、Lab営業の松井絵理香が第9回山陰文化圏医療情報技術研究会にて「とりりんりん」の発表を行いました。

エリカ

トップバッターで発表するのは初めてだったので、とても緊張しました。
時間内に収まるか、どんな質問がくるのか、噛み噛みになってしまわないか…など不安がありましたが、無事に発表を終えることが出来ました。
発表後は、座長の先生やフロアからも質問頂き、発表内容が参加者の方に伝わっていたようで、安心しました。
休憩時間の時も、何人かの方に声をかけていただき、やはり、どこの病院様も診察の待ち時間対策について苦労されているんだな、と感じました。
病院様によって受付から診察までの流れは様々なので、それぞれのニーズを伺い、各病院独自の受付・呼び出しシステムにカスタムして病院様に合ったものをご提案できればと思います。

 

第9回山陰文化圏医療情報技術研究会
テーマ「医療情報の活用と連携」

【開催日時・場所】

開催日:2020年2月1日14:00
(受付:13:20-13:50)
場所:米子医療センターくずもホール
*参加者には医療情報技師資格更新の3ポイントが付与されます。

【プログラム】

14:00-14:45(発表7分、質疑応答3分)

1. 一般演題
  座長:村田陽子(松江赤十字病院)
 (1)診療受付・呼出アプリ「とりりんりん」の開発と導入結果
   株式会社eBase Solutions Laboratory 松井絵理香

 (2)電子カルテを利用したME機器の管理と業務改善
   米子医療センター 勝部典子
 (3)心不全地域連携パス導入に向けての当院での取り組み
   山陰労災病院循環器科 水田栄之助
 (4)地域連携「妄想」は路半ばで険しい山陰
   労災病院 太田原顕

2. 基調講演115:00-15:30
  座長:杉谷篤(米子医療センター)

 「医療の情報化に関する直近の動向」
  講演:国立保健医療科学院 水島洋

3. 基調講演215:40-16:40
  座長:杉谷篤(米子医療センター)

 「あじさいネットの現状」
  講演:長崎大学医療情報部 松本武浩

  松本先生を囲んで質疑応答16:40-17:00

4. 次回研究会のお知らせ(松江赤十字病院 村田陽子)

【後援】

日本医療情報学会中国四国支部
日本ユーザーメード医療IT研究会(J-SUMMITS)
広島県医療情報技師会
岡山県医療情報技術研究会
瀬戸内医療情報ネットワーク(せとねっと)
島根医療情報技術フォーラム
山口医療情報システム研究会

 

鳥取大学医学部附属病院では、毎年寒い季節になると、
外来棟前ロータリーをイルミネーションでライトアップしています。

 

テーマ

今回は「東京オリンピック・パラリンピック」をテーマに
桜・市松模様・金メダルをモチーフにした、メインのイルミネーションと
聖火台・競技をモチーフにしたイルミネーションなどを配しています。

上記写真のように色が変化します。

 

制作の裏側

eBase Laboratoryがメインイルミネーションのデザインを担当させていただきました。

●ラフ


テーマをもとに、ラフ作成。

打ち合わせを重ね、ラフを修正。

●レイアウトサンプル



Adobe Illustratorを使い、各パーツを描いていき、
病院外観写真と合成したレイアウトサンプル作成。

●パーツ制作

メインとなる発光パーツの制作は「日下エンジニアリング様
まずミニチュアでテスト。アクリル板にラスター加工を施すことで、削られた部分にLEDの光が反射して発光しています。ミニチュアでは発光させる色別にアクリル板が重なっています。
60cm x 45cmのアクリル板で桜と炎。
60cm x 60cmの板でピクトグラム。
180cm x 90cmの板で幹とメダルに。
LED配線・調整など、とても丁寧かつクオリティ高くパーツを仕上げていただきました。

●施工

桜と、聖火台の骨組みとなるアイアンの制作・施工は「キューブワン様
メインのイルミネーションや、その他のオブジェの設置や、建物へのLED飾りつけなどをしていただきました。

点灯式の当日も、日下エンジニアリング様・キューブワン様共に、本番ギリギリまで調整していただきました。
イルミネーションに携わっていただいた皆様、ご尽力いただき誠にありがとうございます。m(_ _)m

 

点灯期間

場所:鳥大病院外来玄関前ロータリー
期間:2019/11/28(水)〜2020/1/17(金)
時間:17:00〜22:00

みなさま、お誘い合わせの上ご覧ください。

 


制作/日下エンジニアリング様
施工/CUBE ONE(キューブワン)様
デザイン/eBase Solutions Laboratory デザイナー 鎌田

こんにちは、Lab 営業 ゆう。 です。

ebase Lab がHP制作を担当した、『人口呼吸器回路カバー FIT』が日本経済新聞に掲載されました!

 

人工呼吸器とは?

自発呼吸できない状態になった患者の肺に、空気または酸素を送って呼吸を助けるための装置です。
人工呼吸器に使われる換気経路には主に気管挿管、気管切開、マスクなどがあり、医療従事者以外でも、在宅で操作できるタイプのものもあります。

従来、人工呼吸器回路の結露防止対策としては、ラップやアルミホイルなどを使った急場しのぎの対策がとられてきました。
ところがこの方法では着脱が困難で見た目も悪く、効果もバラつきがあります。
とくに人工呼吸器を在宅で使用している患者さんにとっては、なおのこと困難で、家族に負担がかかっているのが大きな悩みでした。

 

人口呼吸器回路カバー

回路カバーは、人工呼吸器回路の熱の喪失を防ぎ、回路内の結露を防止します。
保温効果を保ち結露を軽減するとともに、ファスナーで着脱を容易にし、看護師や家族の負担を軽減します。


患者や介護する家族の気持ちが明るくなればと、回路カバーの生地はかわいい絵柄を複種類用意。
ファスナーを隠す部分のワッペンには名前が書けるようになっています。

 

人工呼吸器回路カバーの 通販サイトはこちら

人工呼吸器カバー FIT  

製品・通販サイト

UbuntuでWebシステム開発

はじめまして、システムエンジニアの酒井です。

さかい

職場や自宅で使うパソコン。思い浮かぶOSは何でしょうか?
WindowsかmacOSのどちらかを思い浮かべると思います。
好みもあります。
それぞれ一長一短ありますし、使用するアプリにも左右されるところです。

Ubuntuという選択

Ubuntuのデスクトップ画面

わたしは、直近2件のWebシステム開発案件でUbuntuを使用してみました。「Ubuntu?なにそれ?」と思う方もいると思います。

なにができる?

普通にインストールを進めれば、WindowsやmacOSと同じように使えます。システム開発に使えます。

もっと詳しく

  • 初期状態でFirefoxというブラウザが入っています。
  • Google Chromeも正式にインストールできます。
  • 文書作成・表計算・プレゼン作成のLibreOfficeがあります。
  • 賢いGoogle日本語入力から派生したMozcという日本語入力 (IME) が標準で使えます!
  • Slackあります!(日本語入力が微妙です。アプリではなくWeb版を使いましょう。) 

コーディング

できないこと・むずかしいこと☹

  • ワード、エクセル、パワポがありません。
  • Adobe Creative Cloudがありません。

Officeなら代替で

OneDrive エクセル

新しくつくる書類は思い切ってクラウドにしてしまいましょう。クラウドなら突然パソコンが壊れても安心です。

  • Google ドキュメント、Google スプレッドシート
  • Microsoft One ドライブ

Windowsと比べて

とても安定しています。
UbuntuにもWindows Updateと同じような機能があります。でも、それと違って更新後の強引な再起動がありません。

余っているパソコンに

Windows 7のサポート終了前にWindows10に移行済みの方もいると思います。
古いパソコンにUbuntuをインストールすることで新しい発見があるかもしれません。

Ubuntu日本語Remixのダウンロード

https://www.ubuntulinux.jp/japanese

寄付をしたい方は

https://ubuntu.com/download/desktop/thank-you

Ride The World

小さな地面に高層ビルが立ち並ぶ街。
ニョキニョキと高くそびえるビルが印象的です。

ひときわ大きく2つのビルがそびえ立つ、その名も”ペトロナスツインタワー”。
特殊な映像により巨大さが際立ちます。

1998年に完成したマレーシアのクアラルンプールに建っている高さ452mの超高層建築物。
2本のビルが対であるツインタワーとしては世界一の高さを誇る。

撮影方法

今回もまた、Insta360(360°カメラ)を用いての作成です。
カメラに長~い棒を取り付け、ただ歩くのみ!なんと簡単!
(周囲の視線が熱かったです)

たったそれだけでこんな映像が撮れちゃいます。

写真でのペトロナスツインタワー

ちょっと大きすぎる…take2

少し下がっていい感じ!

特に用もなく、ペトロナスツインタワーを見に行ったにっしーでした。

事務所内探訪

(さらに…)

事務所の窓の外

コーヒーブレイク中、ふと窓の外を見た時に、駐車場に木の板を発見。
いつもは見過ごしていて気づかなかったのに、なぜかその時だけは、気になり・・・

近くで見てみると、金具が刺さっていて、どうやら足場板のよう。
雨風にさらされ、いい味を醸し出していました。
フムフム・・・。

 

撮影開始

ある晴れた日に、最初は手でカメラ(iPod touch)を持ち、
板に沿って歩きパノラマ撮影。

合成された板はくねくね曲がってしまい、
何回試してみても全然うまくいかず・・・。

今度は、ジンバルを使ってiPhoneでパノラマ撮影。
(ジンバルは、スマホを使った動画撮影の際に、水平を保ち、手振れも防ぐ優れもの。)

手持ちでの静止画撮影にはちょっとクセがありましたが、
数回試して、ようやくいい感じに撮れました♪

 

ロゴ組み立て


Adobe Photoshopで写真から板部分を切り抜き、歪みなどを補正。

使える板の長さを計って、ラフを描きます。

Adobe Illustratorで大まかなロゴの形を作成。

長方形を目安に、板の使う部分をずらしながら、積み木感覚で配置。

板を長方形でクリッピングマスク。

そのままではぺったんこなので、ドロップシャドウで立体感を追加。

数年風雨にさらされていた感じに、錆びた釘を合成し・・・

ロゴ完成!!

 

こんな感じで、
何気ないものでも、ちょっとスパイスを加えて、いいものおつくりします♪

 

営業のエリカです!

なんと!eBase Solutions Labが開発した「自分のスマホに診察順番の呼出が届くアプリ とりりんりん」の!記者発表が行われました!!

 

とてもわかりやすく記者発表の様子がまとめられています。
是非、お時間ある時に見てみてください!

 

10月7日(月)鳥大

鳥取大学医学部附属病院で行われた記者発表。
ありがたいことに、私も出席させていただいておりました。
(どこを見てもカメラ、カメラ、カメラ…で緊張でした…!)

当日は、医療情報部副部長の寺本先生がシステムの紹介をされました。

さすが、堂々たるお姿、記者発表にも慣れておられる…!

カメラの前でも余裕の表情でお話しされる先生方を眺めながら、わたしがどこにいたかと言うと…

……

ずっとカメラマンをしていました!

 

「診療受付・呼出アプリ とりりんりん」とは?

外来患者に、待ち時間を有効に使ってもらうために開発したスマートフォンアプリ。
患者に診察時間が近づいたことを、音とメッセージで知らせます。
また、とりだい病院の敷地内であれば、アプリから診療受付も可能。

今年の5月頃から診療科限定で運用を開始し、9月25日から全診療科で運用を開始しました。
10月7日時点での登録数は約1,300人となっており、1日約50人数ずつ登録者数が増えています。
自分たちが作ったものを目の前でダウンロードし、使っていただいて、嬉しい限りです。
「テレビで見たよ!」「もう少しこうして欲しい」など、沢山のお声を頂戴しており、患者さんに満足してもらえるサービスとなるよう、頑張らねばと言う気持ちになります。
今後は、スマートフォンを持っていない患者向けに端末を貸し出したり、「とりりんりん」アプリで雑誌が読めるよう開発を進める予定です。

アプリやシステムについて、詳しく知りたい方は問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください!

また、とりりんりんサイト上では、操作動画や説明書など、アプリについての詳しい内容も掲載しています。

鳥取大学医学部附属病院へ行かれる際は、是非とりりんりんを使ってみてくださいね。

赤いキッチンカー

100円ショップに立ち寄った際に、おもちゃコーナーで、紙と発砲スチロール製で、なかなかいい感じの赤いキッチンカー(手作り工作キット)を発見。
子供にもねだられたり、組み立ててみたいとも思ったが、サイドパネルが閉じないタイプだったので、買わずに帰宅。

 

数日後

近所のスーパーにある「ご自由にどうぞ」とダンボール箱が積み上げてあるコーナーで、
すご〜くいい感じの赤い「えひめみかん」の箱を発見し、2つをもらって帰りました。

 

このダンボールは

サイド4面と、外フラップ(外蓋)2面が赤色、
内フラップ(内蓋)2面と、底の4面が白色のタイプ。

 

ザクザクペタペタ

2つの箱をしばらく眺め、
グリル位置に「えひめみかん」の文字が来るようにイメージし、
箱の内側に、折り曲げ線や切り取る部分の目安線を書いて・・・・
カッターでザクザク、ダンボールを折り曲げ、テープでペタペタ。

 

なんやかんやで


赤いキッチンカー完成。
さらに、子供が思うがままにお絵かき・加工を施していってます。
いい味になりました。

 

アクション

コンサートトラックのウィングボディ(荷台)のように開くサイドパネルは、
上記のように両開き状態で止めることができます。
片方ずつ開くと、屋根に垂直に立てることができ、看板のようになります。

片方のパネルにはシールなどが貼られ、映画が上映されているようです。

もう片方が大きなメニューとなり、フレンチトースト、ピザやスープ、ドーナッツが販売されています。カウンターの上には、電子レンジが設置されていて、ぬいぐるみたちが、販売スタッフになっています。

 

くるくる

△ ドラッグで回転♪ △

キッチンカー作成で余ったダンボールは、ダンボール武器に!!
(次回以降紹介)

はじめまして! こんにちは!

イーベースソリューションズラボラトリーのホームページ制作担当 の 山口です。

弊社では、鳥取県内にとどまらず多くの企業や医療機関、教育機関などのホームページを制作、お取引させていただいていますが(ホームページ制作実績はこちらをご覧ください)、ホームページの保守・運用に際して、お客様からお問い合わせをいただくことがあります。

例えば…
  • 「記事に写真を掲載したい」
  • 「文章の行頭を揃えたい」
  • 「PDFや画像にリンクしたい」

などなど。

弊社では、ホームページの開設にあたり、お客様でもページの編集ができるよう、CMS(コンテンツマネジメントシステム)を導入させていただいていますが、実現しようとするページのレイアウトが複雑になると、場合によっては、必ずしも思ったとおりの見た目にならないことがあります。

※CMS(コンテンツマネジメントシステム)
ウェブサイト運営にあたり、HTMLやCSSの書き換えなど専門的な知識がなくても、管理画面をとおして記事や画像を登録・更新できるシステム。
弊社では MyCMS(詳細はこちら) や、WordPress、Joruri などのシステムを採用、対応させていただいています。

行政機関などでは、文書は Word などの文書作成ソフトで作成されることが多いですが、そういった文書作成ソフトの感覚で、ホームページの記事を編集しようとすると、勝手が異なり、適切な記事を作ることができません。

そこで!

このブログでは、よくあるお問い合わせなどを事例に、ウェブサイトの特有の性質を考察しながら、問題の解決の考え方、実際のページ制作に役立つ カンタンな 小技など、紹介していけたらと思います!

 

事例 1

[ Question ]

文章の行頭を揃えたい

[ Answer? ]

こちらはよく寄せられるお問い合わせですが、「スペースキー」を使用して、半角を連ねているケースが多いようです。

文書作成ソフトでは、スペースキーやタブキーを操作して、文章の行頭を揃えることがあります。


[ Word ]


ところが、ウェブページでは、半角スペースで行頭を揃えようとすると…


[ ウェブページ ]


ウェブページでは、この半角スペースで入力された半角スペースは、(基本的には、半角スペースは無視されますが)閲覧している環境(OSやブラウザ)などで、表示が異なってしまいます。

 

躓きの石は ここ!

じつはこのことは、自分の見ている画面が、むしろ、(偶然にも!)自分の思ったとおりに表示されているときこそ、問題になるようです。
自分の画面の上で、半角スペースで辻褄が合っているので、他の画面で失敗していることに思い至ることができないからです。
ウェブならではの厄介な問題ですね。(…本当に耳が痛い話です…)

このように、ウェブページの特性として、閲覧している環境が異なったときに、それぞれの環境に応じた挙動をするという点があげられます。
したがって、このことをふまえたウェブページの編集が必要になってくるということですね。

【 次回につづく】

去年ジムに行ったときに、一緒にウェイトトレーニングをしたデザイナーの山口さん(30代後半の男性)。
一番軽い重りを持ち上げることが出来なかったことに衝撃を受け特別レッスンを受けていました。。その日から山口さんの体を心配していました。

その山口さんが徒歩通勤をしていると知り、その変化を聞いてみました。

徒歩通勤を始めたきっかけはなんですか?

山口さん

家庭で車を一台にすることになり、徒歩で通勤せざるおえない状況となったためです。

いつ頃から徒歩通勤を続けているんですか?

山口さん

2年前からずっと続けています。

どんなところを歩いているんですか?

山口さん

大通りはあまり通らず、グランドや公園の近くを横切ったり、田んぼ道を通ったりしています。

徒歩通勤の運動量はどれくらですか?

山口さん

会社まで20分程度なので、3キロくらいだと思います。

2年間続けて体力などに変化はありましたか?

山口さん

特に変化はないです。。

運動により朝から集中できたりやる気がでたりしないですか?

山口さん

むしろ夏は暑く汗もかくし、会社についたときはふらふらです。

なるほど。。デメリットは他に何かありますか?

山口さん

事故をまじかに見てしまったことですかね。ショックを受けました。
あと、う○こを踏んだこともあります。

どうやら山口さんは運動のためとかではなく、渋々徒歩通勤を始めたようでした。
また、特に体力がつくなどはないそうです。(あくまで山口さんの場合)
むしろ、悪い出来事もあるとのことでした。

さらにいろいろなエピソードを聞いてみました。

徒歩を続けていて良かったことはありますか?

山口さん

人から声をかけられることが多くなったことですかね。
「おはよう、いつも歩いていますね」とか「今日は高校野球を見に行くんですよ」とかいろんな人と知り合いになりました。

そうなんですね。その他どんな人と遭遇するんですか?

山口さん

杖ついたおじいさんがいつも奥さんと朝の散歩をしているのですが、奥さんが蝉の抜け殻を拾って見せてきたなんてこともありました。

山口さん

また、愛犬にいつも罵声を浴びせているおじいさんともよくすれ違います。
口は悪いですが、おそらく普段は愛情があり優しく接していると思いますよ。

山口さん

あ、タヌキが畑に忍び込もうとしていて怒鳴って追い返してるおじいさんもいました。

山口さん

思い出すといろいろなことがありますね。
朝の清々しい空気に心が癒されるようになったと思います。

山口さんはいろいろな人と接したり見ることで、その人の生活を想像して思いを馳せているように見えました。

私が当初思っていた徒歩通勤のメリットは、

  • 満足感が得られる(満員電車や車での渋滞がないため)
  • 有酸素運動により頭が冴える
  • 体が鍛えられ健康になる

などありきたりなことを予想していましたが、それよりも様々な出来事に遭遇できることの方が大きいようでした。
これは徒歩通勤だけでなく他のことにも言えますね。

新しく何かを始めると、当初の目的だけでなく始めてから分かるたくさんの良い出来事があります。
そういう出来事がきっかけとしてまた世界が広がっていきます。

新しい車を購入すると、今まで見えていなかったその車種が、道路などで目に入るようになります。

山口さんの作ったデザインは、そういった影響を受け洗練されていっているんですね。

皆さんもいろんな新しいことに挑戦すると、たくさんの良いことがまっているので是非!(悪いことがまっていても責任は負いかねます)

そして、そんなたくさんの経験をした山口さんのデザインも是非ごらんください!

> eBase Lab の実績 を見る

 

営業のエリカです!

みなさん、鳥取県米子市にある皆生は「トライアスロンの発祥地」といわれているのをご存知ですか?

同じ営業のゆう。に聞いたら「住んでるのに全然知らなかったです」と言っていました。

そんな、地元の人も小さい頃から知っているようで知らなかった皆生トライアスロンですが、Lab スタッフが毎年参加していることもあり、ここ数年はボランティアで私も皆生トライアスロンに参加しています。

皆生トライアスロン
国内初のトライアスロンは、数十回に渡るコースの検討などを繰り返し、1981年8月20日、皆生温泉海岸を舞台に、女子2名を含むわずか53名の選手の力強い泳ぎで幕を開けました。

 

当日までの準備

看板の仕分けと、コースへの看板設置がボランティアの仕事です。

 

スイム4.0km・バイク120km・ラン30km、合計154kmになるコースの準備なので、ボランティアのみなさんとひーこら言いながら設置していきます。
腰が痛い…腕も足も痛い…。屋外での作業なので、毎年晴れろ、と念じています。

 

大会当日

今年はバイクコースの「中山温泉癒しのエイドステーション」が担当でした。
ここはバイクコースの折り返し地点で、大山町役場の方や地元のこどもたちがメインでボランティアをしています。

エイドステーションで何をするかというと、コーラ、スポーツドリンク、お茶を専用のボトルにいれて、選手に配ったり、暑いときは氷水を頭からかけてあげたり、栄養補給のくだものやおにぎりを準備したりなどです。

 

氷水を頭から人にかける経験を今までしたことなかったので、氷水かけたい人にオススメです。

 

翌日

バイクラックの片付けをしてボランティア終了!

 

当日のLab スタッフ

ボランティアをしているわたしとは別に、選手として参加しているスタッフも紹介していきます!

 

Lab SE にっしー

 

Lab 社長

 

eBase SE かとちゃん

 

コンピュータロマン ケイトウさん

 

最後はみんなでゴール!

お疲れ様でした!